講演会を開きます

第107回小石川植物園市民セミナーのお知らせ

第107回小石川植物園市民セミナーを下記の通り開催いたします。今回は、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻との共催により、同専攻教授で理学系研究科附属植物園園長の塚谷裕一先生に、植物の姿形の多様性について、オンライン(Zoomウェビナー)でご講演いただきます。生物の形づくりの多様性を、遺伝子レベルで理解しようとする研究をエボデボ(EvoDevo)研究と言います。塚谷先生は植物のエボデボ研究の第一人者で、モデル植物のシロイヌナズナを使った実験室での研究を背景としつつ、ボルネオ島奥地のフィールド調査の経験などを活かして、地球上に見られる様々な植物の姿の多様性が生まれた仕組みの解明に取り組んでおられます。本講演では、ボルネオ島熱帯雨林での調査の様子や小石川植物園で実際に見ることのできるコレクションなどの紹介も交えつつ、研究の最前線をわかりやすく解説していただきます。植物のエボデボの面白さ、奥深さに触れる絶好の機会です。後援会会員に限らず、どなたでもご参加いただけます。どうぞ皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

              

日時: 令和2年12月19日(土)15時〜16時30分

講師: 塚谷 裕一 教授(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻)

演題:「植物はどうしてこんなに形が多様なのか〜ボルネオ調査、小石川植物園のコレクションを絡めて」

参加費:無料

参加申込:事前の参加登録が必要です。ウェビナー参加登録サイトからご登録ください。

参加方法:参加登録をされると、小石川植物園後援会からの自動返信メールにより、ウェビナーURLへのリンクが張られた案内が届きますので、そちらをクリックしてご参加ください。

【問い合わせ先】
〒112−0001 東京都文京区白山3−7−1
東京大学大学院理学研究科附属植物園内 小石川植物園後援会
電話:080-4033-0745
電子メール:koishikawa-koenkaiアットマークkoishikawa.gr.jp (送信の際には「アットマーク」を「@」に直してください)


トップページに戻る